読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

A.B.C-Z 五関晃一、KAT-TUN 中丸雄一、V6 長野博を自担とする私が自由気ままにのんびり思いを書き連ねる場所。

V6デビュー20周年によせて。

V6
11月1日、V6がデビュー20周年を迎える。

1995年、私が生まれた年にデビューしたV6。

私がV6を好きになったきっかけはSPの岡田くんだった。

夜中の放送だったから、リアタイしようにも眠気が襲う時間帯。

毎週録画して何度も見ていたことを今でも覚えている。

小学生の頃から学校へ行こうを欠かさず見ていた私にとって、V6は沢山いるジャニタレの中で一番長い間見てきたグループなのかも知れない。

そんなこんなで、長年私の中でのV6の立ち位置は、「好き」なグループであって、「担当」と呼ぶグループではなかったのだ。

メンバーの顔と名前、年齢順ぐらいしか知らなかったぐらいだ。


その私が、今長野担を名乗っている。

岡田くんがきっかけでV6が好きになった私が、どこでどういうわけで長野さんを見るようになったのかは分からない。(というか、自担と銘打っている人はみんなそう)

何気なく行った(行きたいとは思っていたがまさか取れるとは思っていなかった)今回のツアーで完全に落ちるとは思っていなかった。


V6がこの20年の間に何があってどういうことを乗り越えてきたのかはこれから追々先輩ブイ担の皆さんに教えてもらったり、自分で調べながら知っていくこととして、これから先のV6は、私自身一人のブイ担として一緒に時を刻んでいくのだ。

楽しみで仕方ない。


V6の皆さん、ツアー完走おめでとうございます!!

皆さんが浴びた20万枚のメッセージの中に、勿論私が書いたものもあります。

先輩、後輩、ファンを愛し愛され、一方通行ではない相思相愛な関係性が、いろんなところを渡り歩いてきた私から見るとすごくいいなと思っています。

これからも輝き続けるV6の皆さんを1人のファンとして楽しみにしています。