読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIMEKI LIGHTS

A.B.C-Z 五関晃一、KAT-TUN 中丸雄一、V6 長野博を自担とする私が自由気ままにのんびり思いを書き連ねる場所。

1/24 ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7 福岡公演

1月24日。

約40年振りの大寒波が私の住む九州に襲い掛かった日。

私は「不要不急の外出は控えろ」というさまざまな媒体から流れてくる警告を無視して、この日に17歳の誕生日を迎える妹とその友達と共に、マリンメッセ福岡にいた。

通常なら車で1時間半程度で着く距離を、行きは2時間半、帰りは3時間掛けて行き、こうなることなら電車で行けば良かった…でも駅までは車じゃん…?道路完全に雪積もってるぜ…?っという状態だったので、これで良かったのかもしれない。最悪諦めざるを得ない状況だったわけだから。

 

開場は10時にも関わらず、8時半に着き、寒さに震えながら(何しろ冬の現場は初めてなもので)なるべく風の当たらない場所でこれから始まる1時間半もの地獄を味わうのだと感じていた。

そして9時半。入り口付近が騒がしくなってきたと思ったら、30分早く開場してくれた。メンバーからの要請なのか、スタッフの判断なのかは知らないが、本当に有難かった。

そしてコンサートが始まる1時間半前に会場入りした私は、改めてマリンメッセの狭さを知る。近い。スタンドAブロック12列84番。ちなみにスタンドAブロックは確か18列ぐらいあった。そしてその後ろに「スタトロ」と呼ばれるものが通る、広めの通路がある。前から12列目なのに、外周が近い。メンバーの顔がちゃんと見える。私が余ったチケットを譲った重岡担(前日が初対面)の子と私の過去の参戦話(ほとんどが自担に振り向いてもらえなかった話)でげらげら笑いながらその時を待つ。ちなみに、妹とその友達はアリーナB1ブロック43、44というなかなかの強運を掴んで、「1/24 誕生日」のうちわをこの日のために作って挑んだ。

 

そして開演時間の11時。始まらない。何故だ。流れる「粉モン」や「ええじゃないか」に合わせながらファンが歌い踊り、そして我に返ってクスクス笑うという初めて見た光景が広がっていた。(なんだかんだ言って私も参加していたが)

 

やっと開演。やっぱり、どのアーティストでもコンサートが開演するときの高揚感は変わらないのだなといろんなところをほっつき歩いてきた私は改めて思う。

ジャニーズWESTの楽曲自体は、知ってるものもあるし、知らないものもある。何しろ、直前までアルバムの曲を聴いていなかった(結局始まるまでに全曲聴けていなかった)のだからしょうがない。それでも、すごく楽しかった。

小瀧望×藤井流星の「Terrible」はくっそかっこよくて「キャー♡」という歓声よりもお口あんぐりで固まってたし、重岡大毅×神山智洋の「Lovely Xmas」可愛くて綺麗で1ヶ月前のクリスマスそのもので、桐山照史×濵田崇裕の「こんな曲作りました」はトンチキだしC&Rも面白いし、この二人っぽい曲だし、中間淳太の「TAMER」はもう…「淳太様」だし。

 

それでも一番印象に残っているのは関ジュが歌う関ジャニ∞のMasterpieceだからもう私はただの事務所担。

 

さすが関西のグループ。MCがくっそ面白い。(大体私が入ったジャニーズの魂はみんなMCが面白いんだが)

そしてミッションのコーナー。あれ、どっかで見たことあるなーって思ったらあれだ。ゼウスだ。回る棒の上を飛んだりくぐったりってやつ。

 

濵田うちわを持った私のところには相変わらず濵田くんは来なかったけど(相変わらず自担に干される私)楽しかった。淳太くんの踊りをマジマジと見て、Jr.歴の長さを感じたり。たまには自担G以外のコンサートに行ってみるのもいいなと思った一日でした。

 

妹が大量の銀テを獲得したようで、全色揃うかなーってしていたのに、肝心の黄色を他の人にあげてしまって凹んでいた我が妹なのでした。(妹は中間担)

そして姉はペンライトの振りすぎで2日後に二の腕が筋肉痛になって妹から「年取ったんじゃない?」と言われ凹んだのでした。(4歳差なのに)

 

各楽曲ごとの感想は気が向いたら書きます(笑)