TOKIMEKI LIGHTS

A.B.C-Z 五関晃一、KAT-TUN 中丸雄一、V6 長野博を自担とする私が自由気ままにのんびり思いを書き連ねる場所。

このまま時間が止まればいいのに

ついに4月1日が来てしまった。

世界で一番来て欲しくない4月1日。

3月31日もあっけなく過ぎてしまったし。

しかも4月1日になった瞬間はお風呂入ってたし。

このまま時間が止まればいいのに。

2016年3月31日がずっと続けばいいのに。

今日はエイプリルフールだから、「ウソウソカワウソ~!!」って言って出てきてくれたら今までのこと全部水に流すよ?

 

そんな風に思ってた。お昼までは。

Twitterに、今日の田口くんが写真付きのツイートで載っていた。

しっかり顔まで出てる。

これを見た瞬間、「あっ、事務所本当に辞めたんだ」って実感が湧いてしまった。

考えたくなかった現実がそこにはあった。

清々しいほどの笑顔で写真に写る田口くんの姿がそこにあった。

悔しいのか悲しいのか怒っているのか、自分では整理できない感情が湧いているから軽率なことは言えないし、正直今はあまり言いたくないんだけど、一言いうなら「田口のばか」かな。

女の子が拗ねて「ばか。」っていうあの感じ。

まぁ、あんな可愛さは私にはないけれど。

こんなに大勢のファンが悲しんでるのに。メンバーもあんなに引き留めて、上田くん泣かせちゃうし。番組だって終わっちゃう。

それなのに一人だけ清々しいほどの笑顔なんだよ。

「何で笑ってるんだよ。」

そう思うこともあった。

でもさ、それが田口くんなんだろうな。

 

 

私の知ってる田口くんは、いつも太陽みたいな優しい笑顔で、ギャグで滑って、時に恐ろしいほどカッコよくて、ハモリが上手くて、演技もダンスもできる、モデルみたいでKAT-TUNで一番カッコいい男なんだよ。

可愛い上田くん(甘栗上田と呼ばれている時期)が好きだった私の妹を一瞬にして虜にしたし、あんなにジャニーズに対して嫌悪感を持っていた私の父親を、「TAG-TUNE DRIVING」でKAT-TUNだけは好きになってくれたし、弟だってあのギャグで田口担にしたんだよ。

珍しいのかもしれないけど、我が家は田口くんでまとまってたんだよ。

貴方にはそんな力があるんだよ。

 

「30歳を迎えるにあたって、自分のこれからを考えて、脱退・退所を決意した」

 

貴方はそう言うけど、これからどんどんいい味出していく人だと思ってた。

これからの、中年と呼ばれる世代に入っていく貴方を見ていたいと思っていた。

私は別に田口担ではないけれど、これからの活躍がとても楽しみな人だった。

それは演技の面でもそうだし、ダンスや歌の面でもそう。

今よりもっと輝ける人だと思ってる。

だからどうかお願い。

一般人だけにはならないでくれ。

ステージに立つ貴方が見たい。

どんなに小さな会場でも何でもいい。

スポットライトを浴びて、歌ったり踊ったり芝居してる姿が見たいから。

そしていつか、10年後でも20年後でもいいから、何故KAT-TUN10周年というタイミングで脱退を決意したのかを語ってほしい。

 

もう「KAT-TUN田口淳之介」じゃなくなったんだから、これからどういう身の振り方をするのかぐらいはあの3人に教えてあげてください。

そうじゃなきゃ、「田口くんが辞めてこの先何をしたいのかが全く見えてこない」って苦痛な顔をしていた中丸くんが安心できないでしょ?4人での最後のMステで歌いながら泣いちゃった上田くんがまた明るく突っ込み役できないでしょ?私たちの前では悲しい顔とか感情を表すことはあんまりないけど、心の底ではいろいろと責任を感じているであろう亀梨くんの心が癒されないよ?

 

私は自担の苦痛な顔をもう見たくはない。

 

私はまだ、3人のKAT-TUNを真っ直ぐ見ることが出来ないでいる。

KAT-TUNに中丸くんがいる限り、ファンを辞めるつもりはないけれど、私がもう一度好きになったKAT-TUNは4人のKAT-TUNだった。遡っていろんな時期のKAT-TUNを見てきたけど、やっぱり私が好きなのは4人のKAT-TUNで。

これは時間が解決してくれるものなんだろうなとは思ってる。

でも、今はごめん。

3人のKAT-TUNに田口くんの面影を探してしまう。

だから、今度のドームツアー、行かなくて良かったのかもしれない。

 

 

 

「ありがとう」という言葉を、いつか素直に言える日が来るといいな。